コンセプト

 ®ネット書房は2000年7月に設立され、約13年目がすぎました。設立以来の名前に表されているように、インターネットと書籍を結びつ けることを理念として掲げ続けてきました。それは単に、インターネットで書籍を販売するというような狭い意味ではなく、インターネットという空間で、出版 の可能性を探求することの全ての意味を含んだものです。設立から数年後に、日本で起こった電子出版の動きにも呼応して、大手出版社、電子機器メーカーの動 きにも加わりましたが、本物にはなりませんでした。当時の電子書籍リーダーは、人々の本への愛着とはかけ離れたものだったためだと思えます。

 しかし、今は状況が異なります。2010年来の動き、とくにタブレット端末は、紙の本よりも書籍を人々にとって身近な ものにする潜在力を持ったものです。電子書籍端末は、数千冊以上の書籍を、1冊の書籍と同等の形状の機器の中に組み込むことができるだけではなく、リフローフォーマットによって、自分に合った形式に再組版も可能となる新しい要素を持ったものでもあります。

 ネット書房が設立時に掲げた標語が、「インターネットをあなたの個性の表現空間にする」というものでした。これが本という伝統的な「知の形式」を持ってできるようになってきたこの時代に、ネット書房は、今、本格的な進化を遂げます。